働くということについて

 

 

3日前のこと。

急に、今やってる仕事が辛くなった。

本当に無理って思った。

 

 

毎日デスクに向かって電話がかかってくるのを待つ。お客の話を聞く。その内容を要約して聞いたことを紙に書き出して質問に答えて電話を終わらせる。その内容をパソコンに打ち込む。確認、捺印、提出。

それを毎日8時間、月曜日から金曜日まで同じことを繰り返す。

隣でも後ろでも前でも、全員が同じことをやっている。

 

 

 

頭がおかしくなると思った。

 

 

 

入社して3ヶ月半、

ここで逃げたらまたいつもの繰り返しだから、今こそ気を抜かないで頑張ろうと思っていた矢先に気がついた。

 

 

この仕事、全然楽しくない。

私なんでこんなことやってんだ?と

我に返ってしまった。

 

私が甘ったれてるだけかもしれない。

正直、仕事内容は作業的で、上手くやればさほどしんどいものでもないし、

環境も良いし給与面でも文句は無い。

 

ただ、あまりにも無機質すぎる。

次の日2日連続で会社を休んだ。

普通に体調が悪かった。

 

その間に家で色々と考えたり、

寝たり、

気分転換に出掛けたりした。

 

仕事をどうするかは保留。

でも、やっぱり今の仕事を長く続けるのは出来ないや。

今はどうやって綺麗に辞めて次に繋げるかを考えてる。

 

本当は好きな街で好きなことをしてお金を稼ぎたい。

 

もうちょっと具体的に言うと、

物を作ったり売ったりする仕事をしたい。

 

でもなかなか踏ん切りがつかないまま、

社会に出てから3年も経ってしまった。

 

 

当たり前の話かもしれないけど、

自分にとって100パー都合の良い働き口って無いんだな。

 

そこをどう折り合いつけて頑張れるかが、大人か社会不適合者かの違いなのかもしれない。

 

私はまだまだ全然大人になれない。

考え過ぎかなあ。

 

 

 

だから、アーティストに憧れる。

物凄く憧れる。嫉妬しちゃう。