あってもなくても

 

いてもいなくても困らないようなものばかりで私の周りは溢れてて、要らなくなったものを手放しては、新しいものばかりに手をつけて、なのに本当に必要な、例えば水やらティッシュやら食料品だとかは買わないでいる生活

そんな感じで次から次へ、私だけが取り残されたまま、変わらないまま、日々が流れていく。

 

楽しみにしていたことや、買おうと思っていたものをいざ目の当たりにし、手に入れてみると

案外そんなに  湧き上がるような喜びが無いのは何故なんだろ

 

期待をしていたからなのか。それを手に入れるにあたって、何も努力をしていないからなのか。

 

何かに期待をしないで生きるのは、とても難しい。

それが出来たらずいぶん人間関係や消費が楽になるだろう。

 

私は何も嘘を言っていない

いつも素直な気持ちやそのとき話したいことを、伝えたいひとに伝えてきた

気まぐれで  相手のことなんか何も考えずに

良くなかったかもしれない

 

最近、神経質になってきた気がする。

神経質は生きづらい。

 

考えることをやめたら人間は失敗するらしい

でも何も考えたくないときの方が最近は多い。

 

昨日から、年の暮れに買ったきり放置していた小説を読み始めた。編み物もいい加減、飽きてきた。

 

私は結構、飽き性だ。