美しさと服について

 

あけましておめでとうございます。

長野の神社でおみくじ引いたら、妹と私、揃って大吉が出ました。

f:id:yamana1227:20180101200410j:image

 

この写真と妹とのツーショットをインスタに載せたけど、なんとなく消してしまった。

 

 

妹に、初めてお化粧をしてあげた。

お化粧をするのは初めてだったらしい。

買ったきり宝の持ち腐れとなっていたイヴサンローランのリップカラーをつけてあげたら、似合っていたので、贈ることにした。

「お姉ちゃんのカタキ!」と言って自慢気に母たちに見せびらかしていた。

いや、それを言うなら形見だし、私まだ死なないから…

 

今まで、服を買うために働いているみたいなところがあったけど、最近はその考えを改めようと思った。

服は、安い物でもいいと思えるようになった。

好きなブランドが好きな気持ちは変わらない。とは言えブランド服は高すぎる。1着3万も4万もするような服を、買っていたんだよ、私は。

今は1着1万円でも高〜!と思う。

今、パンツは無印良品で働いていたときに安く入手したデニムのワイドパンツと、ユニクロのチノワイドをめちゃくちゃ着まわしている。

ユニクロのチノワイド、形が綺麗で履き心地も良いし合わせやすい。

 

私が欲しいブランド服と言えば、フタツククリ、ケイスケカンダ、sinaなどだが、欲しいというよりも「着たい」服は挙げ始めればキリがない。

ka na taなどは、そういう憧れのような想いが強い。なので買えない。

めちゃくちゃ着たい、かなた。

 

さっき、フリマサイトで色んな服を物色したけど、本当に服は見始めるとキリがない、身体は、ひとつしかないのに。

それに高い。良い服はそんなに日常的に何度も着る機会も無いのでコストパフォーマンスが低い。

 

その点、化粧品は少しばかり値が張るものを購入しても、なくなるまで私は使うので、いいかなと思う。

 

服で着飾ることよりも、素の姿の美しさにこだわることの方が、もう少女じゃない私には大切なことのように感じる。

 

ということで、最近「美的」という雑誌にハマっている。みんな知ってる雑誌だと思う。

コスメは見ているだけで楽しい。リップのいろんな色を見ているだけでうきうきする。

 

サンローランのリップの話に戻るけど、本当は妹にあげるかどうかすごく迷った。

 

でも、なんだか気分がいいのでよしとする。

 

今年は髪を伸ばして綺麗に痩せて美肌を目指す!そして恋人が出来る!(という野望)

 

いや、1番の目標は健康でいることです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。