買ってあげたい

 

元気だったけど仕事を休んだ。

家に母が来てくれた。

散らかって悲惨だった部屋を綺麗に整頓してくれた。冬の部屋着と手作りのお菓子も持ってきてくれた。お昼は近所のビッグボーイでステーキを食べさせてくれた。至れり尽くせり。

なのに。

帰り際に喧嘩をしてそのまま別れてしまった。

些細なことだった。「駅まで送ってって」「嫌だ」

こんなことで。

どう考えても私が悪かった。甘えすぎた。散々やってもらったくせに、駅まで送るのがどうしても面倒で、快く受け入れられなかった。

 

後からLINEで謝った。

「寂しかったから送ってほしかった、駅前で必要なものとか色々買ってやりたかった」と返ってきた。

 

涙がぼろぼろ溢れた。

ごめんね、ごめんね

 

 

お昼ご飯を食べながら、昨日誕生日だった妹が友達からどんなふうに祝われたかとか、私に恋人が出来なすぎて、もしかすると一生処女かもねなんて話をした。

母はいつもひどいことを、しかも全うなことを言うから嫌だった。

そして口が悪い。

 

でもいつも困ったときに絶対に助けてくれる。駆けつけてくれる。

大嫌いになれないひと。

距離感がわからないひと。

ずっとずっと。

苦しかったなあ

 

やっと離れられたけど、つらいなあ

寂しいなあ。

 

 

そのあとはまたお金を使っちゃった。

明日も休みだから、5連休もすることになる。

生きてて情けなくなる。

みっともない。恥ずかしい。

頭の中でこうなりたいという想像だけが肥大して、現実のわたしは虚像。

 

明後日からまたしっかりしなきゃね