貧しい買い物

 

 

数万円する服を展示会やその時のテンションだけで購入し、一度も着用せず観賞用になっていたものを定価とほぼ変わらない値段でフリマアプリに出品する見栄張りファッションキッズ達。

 

お金はあるんだろうけど、心が豊かじゃないと思う。

 

そういうようなキャプションがついている商品に限ってたまに状態が悪かったりする。着てないくせに。

服を全然大切にしていないのに、服好きアピールをする奴には正直に腹が立ってしまう。

 

こっちは一生着るつもりで決心して買っているのだ、高価な服に関しては。

 

定価5万円ほどするコートが数回着用後自宅保管、ほぼ新品に近いとかいうキャプション付きで半額でメルカリに出品されていて、いずれ正規店で入手する予定だったのでお得かと思って購入した。

商品が届きダンボールの中にはむき出しでシワシワ状態の、ずっと欲しかったコートが折り畳まれ、その上には気持ち程度に某有名古着店のオリジナルテキスタイルであろうハンカチが載っていた。

 

ハンカチに関してはラッキー、と思ったけれど、あまりにも服の保管状態の悪さが気になって許せなかった。

袖の部分は片方だけ型崩れしていたし、生地の所々には摩擦によって他の繊維が入り込んでいて綺麗とは言えなかった。

 

こんなモヤモヤした気持ちになるなら、ちゃんと正規の値段で、取扱店舗で買うべきだった。

 

でも毎日のように着ている。

このコートが大好きだから。

 

 

 

 

ストレスのゲージが0〜100まであるとしたら、日々に追われ塵が積もるように溜まった80くらいのストレスは大好きな人に数時間会えただけで一気にビュン!と0まで減る。でも次の日会社で1日を過ごすだけで今度は100まで達してしまう。

そんな感じで生きている

 

恋人がふと、「きみは今好きなひとはいるの」なんてぼそっと訊ねてきて胸が苦しくなった。

いるよ、あなただよ〜  と言った

 

ひとを大切にするってどういうことなんだろう。むずかしい。

 

 

探し続けてる

 

こんなことをやってみたい

こんな人になりたい

ずっとずっと私が思い、考え続けてること

全然叶わないことばかりで、やっぱり

生活をする為に、人として自立するために

100%それをそのときに実行することって出来なくて

多分生きていく中で、その都度

それが少しずつ変わったり

 

私は何をするにもスロウペースだから

みんなより遅れてることがすごく多い

 

今年はゆるやかに、穏やかに、やさしく、情熱的に生きたい

 

本を読みたいと思っても読めなかったり

何か作りたいと思っても作れなかったり

 

 

なんかもういろんなしがらみを何も考えずに、自然と花が咲くように物事を楽しんで生きたい

 

生きていきたい自分らしく

 

好きなひとに会えるだけで言葉を交わせるだけで感謝

 

大人になって

 

 

今年に入って出来るようになったことを思い返してみると、1番合点がいくのが「終電を逃さなくなった」ということだと思う。

去年は酷かった。

楽しくもない夜遊びをして、帰れなくなってカラオケボックスや漫画喫茶や他人の家に泊まるようなことがしばしばあった。

 

最近終電逃したとか言わなくなったよね、と

母に会ったときに言われてそういえばそうだな、と気がついた。

 

他にも簡単な料理とか、掃除とか、全然出来なかったことが少しずつ「できる」に変わっている。

 

そういうのとはまた別に、自分の意識とは違うところで大人になってから「自然とやめられた」ことがいくつかあるので些細なことだけど記しておく。

 

・派手な過食をしなくなった

 

今でもたまにはするけど、よっぽどのことがない限りはスーパーで一気に千円以上お菓子を買って食べまくるみたいなことはしなくなった。

多分普通に胃が弱くなったんだと思う。

昔は週3〜4日くらいのペースで1500円分くらいのスナック菓子やアイスや酒を仕事が終わる度に買い込んで部屋に持ち込み、夜通し食べながらパソコンでアニメ見たりして寝落ちしてた。

ストレスの悪循環だ。(まあそれはそれで楽しかった笑)

自暴自棄になって過食する度に食べた自分を責めて太っていく自分を嫌いになっていた思春期の私、かわいそうだったなあ

 

 

・食事中に携帯電話をいじらなくなった

 

中・高時代、家族と食事をしているときに携帯をいじっていたことをよく両親に叱られた。

今思うと、あの頃は本当にバカだったなあと思う。家族と一緒に食事が出来る時間なんて、限られているのに。

最近休憩が被るとよく一緒にお昼をとる同僚が、私の目の前で携帯をいじったり、電話しながら食事しているのを見ていると、なかなか不愉快な感じがする。誰に対しても失礼な行為だと思う。食べものにも、相手にも。

 

・無理をしなくなった

 

これ大きい。

疲れそうだから今日はやめとこうとか、欲しいけど今買ったら生活キツくなるとか、

そういう当たり前のことを、ちゃんと考えて自分の可能な範囲でものごとを楽しめるようになった。

そしたらだいぶ楽になった。

 

 

お金も時間も大事だ。

 

あまり関係ないけど最近自分の部屋の中が好きになった。

色んな友達の素敵な持ちものとか服装とか見るとやっぱりいいな〜と思って

自分もあんなふうになりたい、とか

自分もあんなものが欲しいとか  思うこともあるけれど

 

部屋に帰ってくると私には私の大切なものやかわいいものが沢山あって

やっぱり私は私の好きなものが好きだって思う。

昨日部屋でユーミンを流しながら、世田谷ボロ市で購入した小さなアクセサリーを並べているときに、ああずっとこんなことをしていたいって本気で思った。

 

いくつになってもいいからちゃんと夢を叶えたい。

 

東京は愛せど

 

 

仕事中なんだか訳の分からない調子の悪さで、ちょっと本当に帰りたい、今日…無理。

ってなったけど、なんとか渋谷まで来た。

 

目的地に辿り着くまでに、素敵な飲食店やマンションが沢山あって

あ〜渋谷もこんなちょっと奥行くだけで、静かで面白いとこ沢山あるんだな  やっぱいいな東京は。  この辺なら住めるかも?とか色々妄想した。

 

用事が済んだあと、うさこの家に忘れていた服を受け取る為に、今度は反対側のいつもの方、ハチ公口へ行って時間を潰した。

TSUTAYA、西武などでワイヤレスイヤフォンやデパコスを物色した。

するとたちまち、何を見てもピンと来なくて、でもなんでも欲しいような気もして、だけどボーッとしているうちにやっぱり何も買っちゃいけない、というか要らない、今あるのでいいって気持ちになった。

 

美味い飯を食わせてくれる男(メッシーくん)、目的地まで運んでくれる男(アッシーくん)、デパコス買ってくれる男(ミツグくん)、私に歌を教えてくれる男(テープくん)

いたらいいなあ〜。笑  

いないかしら、何処かに

 

 

なんでもあるって、本当はなんにも無いんじゃない?

 

女性の味方

 

 

さっきまた例のチョコを買ったら、今度はフェルメールのカードが出てきました。どうでもいい報告。

 

私は基本あまりテレビを見ないし新聞もネットニュースも読まないので世間知らずなんですが、たまにTwitterの炎上ネタとか、他人とのやりとりの中で出てくる「女性軽視」とか「LGBT」とか、とにかく性に関する問題に直面すると、日本ってやっぱ生きづらい国だなーと思います。

 

今後自分自身にもダイレクトに関わってくる問題だし、以前男性と話をした際に私が言った一言に対して「これだから俺は男でいるのが嫌なんだ」と言われてしまって(私は人間でいるのが嫌だと言い返したが)、それからは特に性ってなんだろう?ということを常に考えるようになりました。

 

男と女は身体のつくりも違えば脳の仕組みも違う訳で、基本女性は男性より身体的機能の面では弱い。

 

みんな大体貧血だし、どこもぶつけてないのに痣出来るし、頭痛もちだし、冷えやすいし、凝りやすいし、イライラして大切なものやひとに当たっちゃうし。

 

だからお化粧しないと顔色悪いのを隠せないし、嫌な奴に当たってもいつもニコニコしてないといけないし(これは社会で働くひとみんなそうか)。

 

私は女だから男性の苦しみは分かんないけど、女性の悩みは大体分かってるつもりだよ。

 

でも男の人のこともっと分かりたいな

ちゃんと知らなきゃ困るし。

 

 

大切なのは自分らしく生きることだ。

誰とも比べず、好きなことをして、自信を持って、暮らしていくことだ。

 

誰のこともバカにしちゃいけないよね。

 

「I feel pretty 」っていう映画があるらしい。今度暇があったら観てみようかな。

 

 

 

クリムト

 

 

さっき買ったチョコの中に「名画カード」なるおまけがついていたのである。

 

これはちょっと楽しいな、と思った。

 

12種類あって、私が当てたのはクリムトの「接吻」のカードだった。

 

絵画のことは全く知らない私でも、この絵は見たことがあった。

昔ミスidの女の子がこの絵の顔の部分に自分の顔を当てはめて、コラージュ画像を作ってインスタグラムか何かにアップしていた。

正直それはセンスいいな!と思って笑った覚えがある。

 

f:id:yamana1227:20181121192404j:image

 

KISS